2016年7月9日土曜日

2020年度、小学生の”将来なりたい職業”男女共に1位は「ユリイ・カノン」



僕は昔から映画監督にも作曲家にも小説家にもデザイナーにもゲームクリエイターにも菓子職人にもなりたかったです。

どれも勉強するにしても身に付けるにしても、ひたすら時間がかかる。おまけにお金もかかる

人間の寿命は80年以上あるけど、実際に使える時間なんて限られていて
例え小説が書けるようになっても売れる小説が書けなければそれまでに費やした時間は全部無駄になる。

死ぬまで人生は一応やり直しは効くけど時間は返ってこないし気付けば何もできていないまま歳だけ取っていくかもしれない。

なりたいものがそのまま普通に稼げて、淘汰されず生涯働けられるものならそれが一番良いです。
何かに憧れるのは自由だけど現実的な事を考えたら安定した収入と安定した社会的地位が得られる職業を選ぶ。

今は半ば趣味という形で音楽をやっていますが、
自分自身が満足できる曲が一つできたら簡単に辞められると思います。

今もしがみついてるのは誰かに認められたいというよりも、
自分を納得させられないのが悔しいからだと思います。

世間には一発屋がたくさんいるけど一発を世に残すのは本当にすごいことですよね。

最も有名な一発屋の音楽家はカノンで有名なパッヘルベルじゃないですかね。
勿論他にも素晴らしい曲を残した偉大な人ですけど。カノンがあまりにも有名すぎる。

誰かの歌で、
「思い通りじゃない 世界だけど 芽生えたなら 咲かせましょう 一度きりの此の人生」
ってフレーズがあるんですけど、本当に良いこと言ってますよね。

僕も咲かせたいです。

記事一覧

■Twitter @yurryCanon